古木歯科医院

こだわり1治療に
3D診断を導入

治療に3D診断を導入

ホーム > 治療に3D診断を導入

より安全、より高品質な
インプラント治療を
実現するために

当院では歯科用CTを導入しており、インプラント治療はもちろん、根管治療や親知らずの抜歯など、さまざまな診療に活用しています。
パノラマレントゲンでは2次元の情報しか得られませんが、CT撮影を行うことで3次元の立体画像として確認でき、顎の骨の幅や形状、骨質、神経との距離など多くの情報が得られます。

当院は、安全で高品質なインプラント治療を実現するために、CT撮影とそのデータを元としたシミュレーションは不可欠だと考えております。CTを駆使し、より精密な診断と、より高度な治療を追求していきます。

CTが治療精度を
向上させる3つの理由

正確性の高い診断が
可能になります

CT撮影を行うことで、顎の骨の形状や質、走行している神経・血管との距離など、今までは見えなかった部分が確実に把握できるようになり、インプラントの埋入位置や角度の正確性が高まりました。当院は歯槽骨の状態などを三次元的に解析し、インプラントを埋入できるよう診断します。
レントゲンの平面画像では、おおまかな情報は得られますが、安全で正確なインプラント治療を行うには不十分と言えます。

ct顎画像

シミュレーションにより
治療の安全性を高めます

シミュレーションソフトを使用し、CTデータをもとにコンピュータ上で3次元的に手術のシミュレーションを行うことが可能になり、治療の確実性・安全性を格段に向上できます。
また、シミュレーションソフトは治療計画からインプラント埋入までを正確にサポートができるシステムであり、最善な診査・診断・治療計画を可能にし、質の高い治療を実現します。

インプラントのシミュレーション

治療の負担を最小限に抑えます

CT検査により精密なお口の中の情報を得ることによって、治療の精度が高まり、治療による痛みや腫れの軽減、治療時間の短縮などにつながります。骨造成を回避できたり、ガイドを使ったフラップレス手術が可能になったりする場合もあります。
また、撮影データやソフトを使用して、患者様に画像を確認していただきながら、治療説明を行っておりますが、治療をより理解でき、納得の治療にもつながっています。

カウンセリング中の院長

このような心配は不要です

被ばく量が心配です…

歯科用CTは医療用のCTに比べて、X線照射量が1/10程度と少なくなっています。また、歯科用CTは撮影時間が約10秒と短く、高画質の画像が得られるなど、多くのメリットがあります。
被ばく量を心配される患者様は少なくありませんが、安全性の高い検査であり、確実性の高いインプラント治療を行うために欠かせない検査です。安心して受けていただきたいと願っています。

病院にCTを
撮影しに行かなければいけない?

当院は歯科用CTを院内に設置していますので、提携病院などに足を運んでいただくことはございません。
そのため、検査結果や術後の評価がその場でわかり、治療をスムーズに進められます。また、院外で撮影を行うよりも、大幅に費用を抑えられます。

ctとカウセンリングルーム

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。