古木歯科医院

こだわり5徹底した衛生管理・
感染予防

徹底した衛生管理・感染予防

ホーム > 徹底した衛生管理・感染予防

安心して治療を受けていただくために
衛生管理・滅菌処理に努めています

インプラント治療に限らず、安全に治療を受けていただくには、感染対策が欠かせません。血液や唾液を介して感染する病気も多くあるため、歯科医院には徹底した衛生管理が求められます。
しかし、歯科医院がどのような衛生管理を行っているのか、患者様からはわかりにくいのが実情でしょう。一見清潔そうな医院であっても、レベルの高い衛生管理・感染予防を行っているとは限らないのです。

当院は、患者様が気付きにくい部分であるからこそ、徹底して衛生管理に努めています。安心して治療を受けていただくことはもちろん、院内感染を予防し安全な治療を受けていただきたいと願っています。

当院の衛生管理 
5つのポイント

1完全個室の手術室を設置

衛生的な手術室を設置し、清潔域・不潔域を区別しています。インプラント手術を、無菌的環境下で行うことにより、院内感染予防、安全性向上に努めています。

2できる限りディスポーザブル製品を使用します

治療に使用するゴム製の手袋・コップ・エプロンなどは、ディスポーザブル製品を採用し、患者様ごとに使い捨てにしています。

3器具に応じた衛生管理を行います

使い捨てできない治療器具は、器具に応じた衛生管理を行っています。患者様ごとに、滅菌・消毒したものを使用していますのでご安心ください。

4治療器具を使い回すことはありません

ピンセット・ミラーなどの基本セットやタービンなどの治療器具を、滅菌バッグで個別に包装し、使用直前に患者様の前で開封します。

5POICウォーターの導入

診療前に殺菌効果の高い「POICウォーター」でうがいを行っていただきます。お口の中の細菌数を減らし、口腔内環境を整え、衛生的な治療を行うためです。

当院の衛生管理体制

一見、清潔そうに見えても、どのレベルの衛生管理を行っているのか、患者様にはわかりにくいです。歯科医院によって、衛生管理の体制やレベルに違いがあるというのが実情です。
当院は、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、見えない部分だからこそこだわり、徹底した衛生管理体制を整えています。

洗浄・滅菌の流れ

1予備洗浄

患者様の治療に使用した器具を種類ごとに分けて、流水で流します。血液やタンパク質などの付着物が残らないように洗います。

2洗浄と乾燥
  • ハンドピースメンテナンス装置
  • ハンドピースメンテナンス装置

    歯の切削を行う際に使われる、切削用部品を回転させるハンドピースを自動で注油と洗浄できます。ステップエアー方式を採用しており、高い洗浄効果と素早いオイル切れを実現しております。

  • 医療用洗浄機
  • 医療用器具除染用洗浄器

    医療用器具除染用洗浄器は、全自動で洗浄、すすぎ、消毒、乾燥までを行います。血液やタンパク質が付いた器具を直接触らなくても洗浄できるので、院内感染が防げます。

3滅菌バッグ包装

ディスポーザブル(使い捨て)の滅菌バッグで包装し、器具の滅菌状態を常に保っています。歯科治療に使う基本セットは、患者様お一人分を個別に包装しています。

4滅菌処理

治療器具に合わせて、オートグレーブとホルムアルデヒドガス消毒器という機器を使い分けて滅菌処理を行います。

  • オートクレーブ
  • オートクレーブ

    オートクレーブとは、高圧蒸気によって付着している細菌を死滅させる機器です。自動で内部を高圧力にして滅菌処理を行う為、忙しい時でも滅菌がなおざりになりません。

  • ホルムアルデヒドガス消毒器
  • ホルムアルデヒドガス消毒器

    オートグレーブが使えない、熱に弱いエアタービンやハンドピースなどの器具を滅菌するために使われます。高圧と蒸気の代わりにホルマリンガスを使って滅菌処理を行います。

5保管

消毒・滅菌を行った治療器具は、環境が調整された保管庫で保管します。治療器具を使う際には、患者様の目の前で開封することで、安心して治療を受けていただけるよう努力しております。

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。