古木歯科医院

骨造成骨量不足で
治療を諦めていた方へ

骨造成とは

ホーム > 骨造成とは

骨量不足で治療を諦めていた方も
骨造成法で骨量を増やすことが可能です

インプラント治療を希望していても、骨の厚みや幅が不足しているとそのまま治療が行えないことも多々あります。インプラントの噛み心地は、インプラントと骨が強く結合することによって得られるため、インプラントを支えるのに十分な骨がなければ、インプラントのグラつき・脱落の原因となり、長期的な安定が得られないからです。

しかし、過去に「骨が足りない」と診断された場合にも、インプラント治療を諦める必要はありません。骨量を増やすことで、インプラント治療が可能になります。

骨量が足りなくなる原因

そもそも、なぜ骨が痩せたり骨吸収が起きたりするのでしょうか。骨量が足りなくなる・骨が痩せる原因には、以下のようなものが挙げられます。

歯周病を患っていた

歯周病が進行すると、細菌によって顎の骨が溶かされてしまいます。

もともと骨が薄い

先天的に骨が薄かったり細かったりする場合があります。

歯が抜けたまま長期間放置していた

歯が抜けたまま、適切な治療を行わずに放置してしまうと、咀嚼による刺激が顎の骨に伝わらず、吸収が進んでしまいます。

骨造成法の種類

骨造成法(骨を増やす治療)には種類があり、骨量を増やす部位などによって、適した治療法は違ってきます。

骨誘導再生法(GBR法)

骨誘導再生法は「GBR法」ともいい、メンブレンという特殊な膜を使用して骨の幅・高さを増やします。骨が僅かに足りていないケースなどでは、インプラント埋入と同時に、骨誘導再生法により骨量を増やすことも可能です。

骨誘導再生法(GBR法)の流れ
[インプラント埋入と同時に行う場合]
  • 骨誘導再生法(GBR)インプラント埋入

    インプラントを埋入します。
    ※骨量が足りないので、このままではインプラントが露出してしまいます。

  • 骨誘導再生法(GBR)人工骨を埋入

    歯槽骨が足りていない部分に、人工骨や自家骨を入れ、メンブレンという膜で覆い、歯肉を戻します。

  • 骨誘導再生法(GBR)人工歯装着

    骨の再生を待って、人工歯を装着します。
    ※骨の再生にかかる期間には個人差がありますが、一般的に4~6ヵ月です。

ソケットリフト

上顎の奥歯の上には「上顎洞」という空洞があるため、上顎の奥歯部分は骨吸収が進みやすいです。「ソケットリフト」とは、上顎奥歯部分の骨の高さが足りない場合に行う骨造成法であり、骨の高さが5~10mmある場合に適用となります。

インプラントを埋入するための穴から、骨量を増やせるため、外科的な処置を施す範囲が少なくて済むというメリットがありますが、適用症例は限られています。

ソケットリフトの流れ
  • ソケットリフト 歯肉を切開

    通常のインプラント治療と同様に、歯肉を切開して骨に穴を開けます。シュナイダー膜を傷つけると感染する恐れがあることから、繊細さが求められます。

  • ソケットリフト 人工骨を充填

    専用の器具を使ってシュナイダー膜を持ち上げ、人工骨を埋入し、インプラントを埋入するのに十分な高さをつくります。

  • ソケットリフト インプラント埋入

    インプラントを埋入し、歯肉を元に戻して縫合し、インプラントと骨が結合するのを待ちます。
    インプラントが安定したら、人工歯を装着します。

骨造成手術による痛み・腫れ

骨造成手術が必要になった場合でも、治療中は麻酔が効いていますので、痛みを感じることはほとんどありません。静脈内鎮静法を併用し、リラックスした状態で治療を受けることも可能です。

しかし、治療後の痛み・腫れは、骨を増やす治療を行った場合の方が、起こる可能性は高くなります。治療後の痛みや腫れは時間の経過とともに軽減していきますが、痛みや腫れを少しでも軽減できるよう、当院では抗生物質・痛み止めの処方はもちろんのこと、術後の過ごし方や注意点などの指導を行っています。痛みや腫れへの不安は、カウンセリングでお気軽にご相談ください。

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。