古木歯科医院

doctorドクター紹介

ドクター紹介

ホーム > ドクター紹介

患者様の将来の健康のために
本当に必要な治療だけを、
心をこめて

古木院長

院長 古木 要

歯を残していくことが

将来の健康につながります

インプラントには、「見た目が良い」「よく噛める」といったメリットのほかに、「残っている歯を守る」という大きなメリットがあります。ブリッジや入れ歯は、健康な歯を大きく削ったり、支えとなる歯に負担をかけたりして、さらに歯を失うリスクを高めてしまいます。しかし、インプラントは独立した歯を植立するため、他の歯に悪影響を与えるようなことはありません。

お口の健康を維持すること、噛める歯を維持することが、将来の全身の健康に大きく影響します。歯がなく噛めなくなると、認知症や脳血管疾患といった全身疾患のリスクが高まることがわかっています。また、失う歯が多くなると、「食べる」・「話す」・「笑う」といったことにも影響するため、その悪影響は社会性にまで及びます。
生涯にわたって健康で自分らしく、いきいきと暮らしていくために、お口の健康を今から守っていくことが大切です。生涯を自分の歯で噛むために、将来を見据え、今残っている歯を大切にしていただきたいと強く願います。

どのように老後を
過ごしたいですか?

古木院長

「豊かな老後を過ごしたい」と誰もが考えるものですが、介護が必要になったり、寝たきりになったり、健康な状態で老後を過ごせていない人が多いです。 生涯のうちで健康に過ごせる期間を「健康寿命」と言いますが、お口の健康は健康寿命と深く関係していることがわかっています。

「高齢になったら、入れ歯になっても仕方がない」と思っている人は少なくないかもしれません。しかし、歯を多く残すことは、何でも好きなものを食べられるだけでなく、全身の健康を維持し、自分らしく豊かな生活を送ることにつながるのです。
当院は、将来を見据え、患者様の健康寿命を延ばす歯科診療のご提供に努めています。患者様自身が、望む老後を過ごせるように、歯の健康を通してサポートしたいと考えています。

古木院長
笑顔の古木院長

多くの歯を失ってから
後悔していただきたくありません

笑顔の古木院長

歯を失って、初めて歯の大切さを感じるものです。多くの歯を失ってから「入れ歯にしたくない」と、困り果ててしまう患者様を多く目にしています。 他の歯に負担をかけるブリッジや入れ歯では、さらに歯を失うリスクが高まるため、結果的に多くの歯を失ってしまうこともあります。1本の歯を失ったことで、歯の喪失の連鎖を招くこともあるのです。

確かに、インプラント治療は歯を失った時に行う治療法の一つですが、多くの歯を失ってから「もっと早くインプラントにすれば良かった」と後悔される方もいます。
当院では、「もうこれ以上歯を失いたくない」「将来に1本でも多くの歯を残したい」という方にインプラント治療をおすすめしています。その場しのぎの治療ではなく、将来のお口の健康や全身の健康を考え、将来を見据えた治療選択が行えるようサポートしています。

院長のプロフィール

【略歴】
昭和61年城西歯科大学(現明海大学)
歯学科卒業
昭和61年白石歯科医院勤務
協和中央病院歯科勤務
平成2年7月古木歯科医院開設
平成9年4月インプラントを診療に取り入れる
【所属団体】
ITIメンバーCID(Center of Implant Dentistry)Club会員

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。