古木歯科医院

ストローマンガイドガイドシステムで
「切らない」
インプラント治療が可能に

ストローマンガイドシステムよる低侵襲インプラント治療

ホーム > ストローマンガイドシステムよる低侵襲インプラント治療

ガイド手術で
安全性・確実性の高い
インプラント手術を可能に

近年は、歯科医療機器が進歩し、かつては肉眼で確認できなかった部位も確認できるようになっています。2次元のレントゲン画像だけでなく、3次元のCT画像で治療部位を把握・解析したうえで治療を行えるため、科学的根拠に基づいた治療が行えます。

近年は、インプラント治療においてCT撮影を行うことが一般的になってきていますが、CT撮影により得たデータをもとに精巧なガイドを作成し、無切開手術(フラップレス手術)を行うことも可能になっています。
水戸にあります古木歯科医院インプラント入れ歯センターでは、ストローマンガイド・システムを導入し、患者様の身体的な負担を軽減、安全性・確実性の高いインプラント治療に努めています。

ストローマンガイドとは

通常のインプラント治療は、歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋入します。しかし、ガイドを使用したインプラント治療は、術前シミュレーション通りにインプラントを埋入できるよう、ガイド(手術用テンプレート)を作成し、ガイドに従って治療を行います。それにより、コンピューターシミュレーション通りの位置・角度・深さでインプラントを埋入でき、歯肉を切開しない低侵襲治療が可能であり、患者様の負担を軽減できます。

ストローマンガイドを用いた
治療の流れ

  • 歯科用CT撮影などによる精密検査
    01

    精密検査

    CT撮影などの検査を行い、お口の中だけでなく、顎の骨や神経・血管の走行などを把握します。

  • インプラントシュミレーションソフトによる治療計画
    02

    診断・治療計画

    検査により得た情報をもとに、シミュレーションソフトを使用し、使用するインプラントや埋入位置・角度などを決めていきます。

  • サージカルガイド
    03

    ガイドの作成

    サージカルガイド(手術用テンプレート)はマウスピースのような形をしていて、理想的なインプラント埋入位置に穴が開いています。

  • ガイドを用いたインプラントの埋入
    04

    インプラント埋入

    ガイドを患者様のお口に固定し、治療を行います。計画通りのドリリングを行うことができ、治療の精度が向上します。

ガイドを使用するメリット

ガイドを使用した治療は、正確性・安全性の高い治療が行えるという大きなメリットがありますが、それだけでなく、患者様の身体の負担を軽減できるというメリットがあります。

ガイドを使用することで、ガイドの穴からドリリングを行えるため、歯肉を切開することなく治療が行えます。それにより、出血や腫れが最小限に抑えられます。
また、歯肉を切開したり、縫合したりする時間を短縮できるため、治療時間が短く済みますし、身体の負担が少ないことで、患者様の精神的な負担が軽減されているケースも多いです。

しかし、ガイドを使用した治療にはデメリットもあります。ガイドを使用した治療は、適用症例が限られるのです。骨造成が必要なケースなど、骨量が十分でない場合には、ストローマンガイドを使用した治療は行えません。

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。