古木歯科医院

インプラントの痛み治療や術後の痛み・腫れについて

インプラント治療の痛みについて

ホーム > インプラント治療の痛みについて

インプラント治療における
痛みの度合いと軽減方法

インプラント治療では外科手術が必要になることから、術中や術後の痛みに対して不安を感じる方は多いことでしょう。当院では、患者様に少しでも安心して治療を受けていただくためには、手術にかかわる痛みについて知っていただくことが大切だと考えています。

具体的にどのようなポイントで痛みを感じることがあるのか、また、その際、どの程度の痛みを伴うのか、ここではインプラントの痛みについてご紹介していきます。

インプラントの治療中は
ほとんど痛みがありません

インプラントの手術では、一般的な歯科治療と同じように局所麻酔を行うため、治療の際に我慢できないような強い痛みを感じることはほとんどありません。歯科治療の麻酔は正式には「浸潤麻酔法」といって、注射を打つことで麻酔薬を浸透させて、患部を局所的に麻痺させるのです。

そのため、治療中に患部を押されるような感覚や、治療機器の振動などを感じることがありますが、痛みはシャットアウトされます。また、一般的なインプラント手術には30分から1時間ほどかかりますが、その間はしっかり麻酔が効いていますので、ご安心ください。

万が一、患者様が麻酔の効きにくい体質だったり、手術が長引いて、麻酔が切れてきたりしても、直ちに麻酔薬を追加することで、治療中に痛みを感じないようにいたします。

インプラント治療で
痛みが生じるタイミングは?

インプラントの治療中の痛みを抑えることは可能ですが、次のような場合に痛みを感じる可能性があります。痛み自体は、それほど強いものではありませんが、事前に知っておくことで安心して治療が受けられます。

  • 注射の痛み

    麻酔の注射が苦手という方は、意外と多いのではないでしょうか。注射の痛みには大きく分けて、歯肉に注射針を刺した時の痛みと、麻酔薬が注入される際の強圧によって起こる痛みの2つがあります。麻酔の痛みは、事前に麻酔薬を温めたり、細い注射針を使ったりすることで和らげることができます。
    さらに、当院では歯肉に麻酔薬を塗る表面麻酔を行うことで、針を刺した際に感じる痛みを軽減しています。

    麻酔注射の痛み
  • 術後の痛み

    インプラント手術では、埋入の際に歯肉の切開を行うため、術後に縫合した傷口部分に痛みの症状が現れます。さらに、埋入本数が多い場合のほか、骨造成を行った場合などにやや強い痛みを感じることがあります。しかし、術後の痛みは抜歯とほぼ同程度で、ほとんどの場合は痛み止めの薬を飲むことで抑えることが可能です。
    どうしても術後の痛みに不安があるという方は、カウンセリングの際に担当者までご相談ください。

    術後の痛みイメージ
  • 抜糸の痛み

    インプラント手術後の1週間から10日後に抜糸を行う際、傷を縫い合わせていた糸を抜くことにより痛みを感じることがあります。2回法の手術の場合、インプラントを骨に埋め入れる一次手術と、3~6ヶ月後にアバットメントを装着する二次手術で縫合を行うため、それぞれ抜糸が必要になります。
    抜糸の痛みには個人差がありますが、チクッとする程度か、中にはほとんど感じない方もいらっしゃいます。

    抜歯時の痛みイメージ

手術の痛みへの不安は静脈内鎮静法で解消されます

インプラント手術では、麻酔によってほとんど痛みを感じることはありません。しかし、「手術中に急に痛み出すのでは?」「途中で麻酔が切れたらどうしよう…」など、手術中の痛みに対する不安を抱えている方は少なくないようです。当院では、そのような患者様に「静脈内鎮静法」をおすすめしています。

静脈内鎮静法を説明する院長

静脈内鎮静法とは、点滴を使って静脈から鎮静剤を投与する精神鎮静法の一つで、不安や恐怖心を感じることなくリラックスして手術が受けられるのが特徴です。さらに、鎮静剤には健忘作用があることから、覚醒後には手術中の記憶がほとんど残っていない方もいらっしゃいます。
静脈内鎮静法についての詳細は、「静脈内鎮静法について」をお読みください。

術後の痛みを防ぐために
できること

インプラント治療の痛みは、基本的には痛み止めの薬で抑えることができる程度の痛みです。しかし、創傷部分の治癒が妨げられたり、傷口から細菌感染したりすることで、痛みが生じる可能性があります。そのような事態を防ぐために、次のような点にお気をつけください。

1術後は安静にお過ごし
ください

手術の当日は無理をせず、帰宅後は安静に過ごしていただく必要があります。過度な運動は避け、リラックスした状態でゆったりと過ごしてください。また、術後は体が温まると痛みや腫れが起こりやすいため、2~3日の間は入浴を控える必要があります。湯船につからずにシャワーで済ませましょう。

2食事の際は硬い物や熱い物を避けましょう

インプラントを埋入した患部への負担を極力抑えるため、肉やおせんべいのような硬い食材や、熱いお茶などは控える必要があります。スープやおかゆ等の柔らかい物を、食べやすい温度に冷めしてから召し上がってください。また、傷口の治癒に悪影響を与えるため、タバコとアルコール類は厳禁です。

3歯磨きの際は十分な注意が
必要です

インプラント手術の後、抜糸を行うまでの1週間から10日ほどの間は、歯磨きの際に傷口に触れないように注意しましょう。傷口の治癒に影響を与えるほか、歯ブラシに付着している細菌に感染する恐れがあります。さらに、強いぶくぶくうがいも傷口には良くないため、くれぐれも注意しましょう。

4処方された抗生剤は飲み切りましょう

インプラント手術の当日は、痛み止めの薬のほかに抗生剤が処方されます。痛み止めの薬は痛くなければ飲まなくても結構ですが、抗生剤は細菌感染を防ぐために必要なため、必ず飲む必要があります。決められた用法容量を守って、処方された分をきちんと飲み切ってください。

5強い痛みを感じたら早めに相談してください

鎮痛剤を飲んでも痛みが改善しない場合や、時間が経つにつれて痛みが増してきた場合、何らかの原因で細菌感染による炎症を起こしている可能性があります。そのまま放っておくと、骨結合に悪影響を与えかねないことから、我慢せずに早めに歯科医院までご相談ください。

お知らせ

  • 2018.04.09 <GW休診のお知らせ>
    2018年4月29日(日)・4月30日(月)と
    2018年5月2日(水)~5月6日(日)は休診となります。
  • 2017.12.28 ホームページを公開しました。